2013年05月06日

福岡 イタリアンレストラン

福岡でイタリアンをいただくことは少ないのだが、
どんたくの時、ふらりとランチで立ち寄ったお店が
かなり、よかった。
料理が丁寧で塩加減が、わたし好みの素材を生かした
いい塩梅なのだ。シェフは大阪で10年修行をしていた
というのもうなづける。

ランチの前菜
NEC_0356.JPG
自家製パン
ミネストローネ風ショートパスタ
NEC_0357.JPG
ソフトドリンク

ランチは980円からが、前菜がとても充実しているし、
シェフ、スタッフの対応がとてもよくて、
1人でも美味しく食事ができる。味も大切だが、
雰囲気もポイントのひとつだね。
今度はワインと一緒にいただきたいな。

呉服町地下鉄からすぐの角。
Fantasista
posted by Ladybird at 18:19| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長崎県 五島列島 福江島

長崎2泊の滞在後、長崎港からジェットフォイルで福江港まで
約1時間半。丁度11時30分発だったので大波止近くのお弁当屋で
昼ごはんを調達して乗船した。揺れもなく快適に過ごした。

IMG_4286.JPG

福江につくも、小雨。宿に荷物を置き、歩いて市内観光。
まずは、武家屋敷通りを散策。
IMG_4267.JPGIMG_4268.JPG
塀の上の丸い小さな石は、誰かがそこを通ると石が落ちて音がして
侵入者を知らせるという目的でおかれたらしい。

そして、少し歩いて福江城(石田城とも呼ばれている)
IMG_4269.JPG

商店街なども歩く。福江の大火災が昭和37年にあって、まる焼けになって
復興したそうだ。この教会手前で火がおさまったという。
IMG_4368.JPG

翌日は晴天。
福江島は周囲250KMの大きな島だ。レンタカーでまわるか観光バスツアーか
路線バスで回るしか手立てはない。
前日、観光バスツアーに乗りたかったのだが、予約が2名に到達しないと
バスツアーは運行されない。それも前日12時までに予約がないといけないのだ。
わたし1人だけの予約だったらしく運休となったのだ。
当日、行きたいです!と何人申し出があっても無理なのだ。
もっと融通が効くといいんだけれど・・。
こういうところで1人旅は、ちょっと辛い。
ともかく、2日目は3人の予約となり、バスツアーは午前中だけ運行。

最初に訪れたのは福江港から車で約25分【堂崎天主堂】
現在はキリシタン資料館として保存されている。
定期的には儀式が行われている。長崎県内で2番目に古い教会だそうだ。
☆入館料300円
IMG_4294.JPGIMG_4299.JPG

海のそばにあるのは信者さんたちが、昔は船でやってきたからそうだ。
そして、船着き場から歩いてくるときに教会の真正面が見えるように
建てられたらしい。
穏やかな湾だが、岩がオブジェのように削られている。
時として、激しい波が打ち寄せてくるのがわかる。
IMG_4291.JPG

鎧瀬(あぶんぜ)溶岩海岸
IMG_4312.JPG

500万年前と5万年前に噴火した【鬼ヶ岳】
野焼きされていて、坊主あたまのようで可愛い。
IMG_4311.JPG

5月3日には、ここで凧あげ大会が開催されるらしい。
【ばらもん凧】と呼ばれる絵凧。
ばらもんとは、元気な荒々しい者という五島の方言で
絵柄は、鬼が真正面から兜をくわえ込んだ姿を描いていて
敵に後姿を見せない勇者を表現しているらしい。
なかなか勇壮である。写真を撮るのを忘れたなぁ。

観光バスガイドさんと運転手さん。たった3人のために一生懸命
ガイドしてくださった。案内だけでなく方言など説明してもらって
色々知ることができた。
IMG_4318.JPG

午前9時20分福江港を出て11時15分ごろ戻る。
早めの昼食に小さなうどんやで五島うどんを食べる。
お出汁があごだしで、あっさりとしていて美味しい。
麺は細身で、練って仕上げにツバキ油を使用するので
つるつるとしているそうだ。
IMG_4319.JPG

前日休館で行けなかった五島観光歴史資料館へ向かう。
☆入館料 220円
IMG_4371.JPG

午後12時25分路線バスに始発の福江港から乗車。
【向小浦(五島病院経由)】
目的地の大瀬灯台下前のバス停に約1時間半で到着。☆バス料金 1380円
舗装された道路を3キロ登らなければならない。
IMG_4320.JPG

急な坂が続く。息があがる。誰も歩いてないんだよね。
レンタカーが横を通り過ぎていく。
でもね、歩くと得なこともあるのだ。
道端のノアザミが一杯さいていて蝶が舞っている。
IMG_4324.JPG
車では楽しめないこともある。
写真をとり、風景を眺めつつ登ること40分。
目的地の西海国立公園大瀬崎園地の展望台にたどり着く。

この景色が見えたときには「わぁ〜〜〜!」と叫んだ。
映画【悪人】のロケ地になったことで有名らしい。
IMG_4336.JPGIMG_4330.JPGIMG_4329.JPG

帰り道は坂を下りながら下の景色を楽しむ。
IMG_4327.JPG

井持バス停まで歩いて、井持浦ルルド巡礼地へ。
NEC_0338.JPG
宣教司枚を委ねられたフランス人の神父さんが、フランスの洞窟の聖堂ルルド
参照:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%89
のような洞窟を五島につくったそうだ。五島には9か所あるそうだ。
霊泉の水が人を癒すと言われている。
その横に立つ【井持浦教会】
NEC_0341.JPG

引き返して、玉之浦まで約40分ほど歩く。
港の前にも【玉之浦教会】がある。
IMG_4363.JPG

そして、バス停まえに『Coffee』という旗が!
それまで道沿いにお店はあったが、どれも営業しておらず
座る場所もなかった。そこで温かいコーヒーをいただく。
開店して1カ月目だそうだ。旅人にはありがたい。
地元の人たちは、喫茶店でお茶を飲むと言う習慣が
ないので、観光客だけが頼りという。みんな行ってあげて
くださいね。美味しいコーヒーをいただいてホッとした。
IMG_4365.JPG

帰りのバスは午後5時25分。
乗客はわたし1人だけで1時間半貸切。
運転手さんが、ずっと福江の風習や歴史を語ってくださった。
とても色々知ることができてよかった。
地元の方の話しを聞けることが旅の醍醐味なのだ。

福江のバスは手をあげたりすれば、道なりなら
どこでも止まってくれるし乗車もできる。
ただ、本数が極端にすくない。路線バスで移動する人は
少ないだろうけれど、あらかじめ、時刻表を知って
行動する必要があるだろう。

宿泊は民宿【師瑞(しみず)】
☆1泊2食 6500円
オーナーの山口氏も、福江について色々と教えて
くださるし、旅のアドバイスを的確にくださった。
部屋はツインで鍵もかかる。清潔な部屋で快適に過ごせた。
食事は少し離れた食事処【瑞穂】でいただく。
車で送迎してくれるが、道がわかってきたら自分で
歩くのも食前後の散歩5分なので気持ちがいい。
IMG_4373.JPG

ともかく、よく歩いた。観光客で歩いている人たちは
少なかった。車移動が多いからだろう。
五島は世界遺産の登録を目指しているそうだ。
素晴しい歴史のある教会群、雄大な自然がある。
弘法大師や伊能忠敬が訪れてりして、その寺や碑もある。
けれど、現地に行くまで、深い歴史に触れるための情報が少なすぎる。
観光協会のHPでも物足りない。歩くだけでいいなら、問題はないのだが、
五島列島が大きいだけに、情報は必要だと思う。
五島列島は、わたしのように車も乗れない(ペーパードライバーなので)
1人旅を楽しむのに、かなり労力と時間、情報が必要になる。
なんだか、そういうことが解決できるといいなって感じた。

今回、2泊したが、福江島の半分も見れていない。
五島列島全体から見れば、10分の1くらいかな。
まだ、行きたい場所はあるので、いつか再挑戦かな。










posted by Ladybird at 17:57| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

天竜浜名湖鉄道線に乗ってみた。

憧れてた路線。ようやく叶う。
ただ、時間があまりなく前線には乗車できなかった。
浜松から遠州鉄道に乗る前に、お得な切符を購入。
http://www.tenhama.co.jp/event/joshaken.html

乗って西鹿島で天浜線に乗り換え掛川に向かう
東ルートのフリー切符1300円。
西鹿島を出て天竜川を渡る景色がとても清々しい。

駅舎は文化財になっているものが多い。
なかなかうまく撮れなかったけど。
station01.JPG

【遠州森】で降りる。駅そばの観光所でご年配の方から
森町の話しをうかがい見どころなどを教えてもらう。
森町は、まわりの市と合併するのを拒んでいるそうだ。
周智郡森町という。
ただ、列車が1時間に一本くらいなので時刻表を頭にいれて
散策始めた。
morimachi01.JPG

蓮華寺とその横にある歴史民族館へ行く。rengeji.JPG

観光所ですすめらたので
栄正堂という老舗の和菓子屋さんで【梅衣】を買う。
これ、むちゃむちゃ美味しい!!ネットでは売っていないので残念だ。

列車に再び乗りこんで次は【豊岡】で降りる。
降りるときには、運転手さんに「梅園にいきます。」というと
割引券をくれる。
baienn.JPG


歩いて、15分くらいの山に大きな梅園がある。
2月24日だったけれど、八部咲き。いい香りが漂う。
黄色の梅?uellow.JPG

紅白梅
akaume.JPGhakubai.JPG

天浜線に乗っている人は、とても少なくてゆったりゆったり。
まわりの景色と駅舎が相まって、時代が戻っていくのを感じる。
列車に乗って癒されるのって、なかなかない経験だと思う。
posted by Ladybird at 15:47| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

沖縄本島 最終日

朝、早めにめざめる。北海道のほうの天候が荒れているのに気付く。
こういうときは便が乱れる。案の定、調べるとJETSTARの便が遅れ、
予約便11時40分発はキャンセルで次の便への移行が決まったメールが
送られてきていた。夕方に仕事なので、これでは無理だとわかり
すぐさま、仕事を変更してもらうように連絡。
午後1時すぎ出発のようだが、先に空港に行き手続きをすませる。

那覇は便利。そのまま、ゆいレールにのり首里城へ向かう。
レンタル電動自転車を借りる。ただ慣れていなくて
スピードが出過ぎて段差のところでこけてしまった。
それから気をつけて走る。
時間がそんなになかったので、借りてよかったと思う。
歩きだと高低差もあるし、かなり時間がかかるね。
守礼の門だけが残っている時代には来たことがあったが、
新しくなった首里城には初めてだった。
なんと、きれいになったことか!
roofsyuri.JPG
ryu.JPGsyuri.JPG

人もそんなに多くなくて、ゆっくり見学できて那覇空港に戻ると
また、予定より一時間遅れるとアナウンス。
よかったぁ。お昼ご飯食べてなかったんだ。空港で【沖縄そば】の
【よもぎそば】をいただく。あっさりとして疲れた体に優しかった。
yomogi.JPG

結局、関空についたのは17時25分だった。

LCCを利用するのは安くて助かるけれど、時間通りに動きたいときには
やめたほうがいいよね。時間に余裕がある旅には、もってこい。
今回も遅れたおかげで予定外に首里城に行けたしね。
必ず、LCCの場合は前日に天候などチェック。
自分の利用する便がどこから来るかも把握しておくと
遅れるかどうかの目安がつく。LCCは少ない機材で、ダイヤをやりくり
しているので、一本遅れると、ずっと引きずって、どんどん遅れるのだ。

時間があって、シーズンオフの超格安の旅は、ひやひやもあるが
それなりに楽しめるので、これからも利用すると思う。


posted by Ladybird at 14:33| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄本島 3日目 名護から那覇

朝、水納島を出て渡久港へ。
名護の桜まつりに行くつもりで谷茶のバス停で
バスを待っていたら、車が止まる。
「どちらまで行かれるのですか。」
わたしの年に近い女性の方。
「名護に行きます。」
「バスは何時ですか。」
「もうすぐ来ると思います。」
「那覇に行くので名護は途中なので乗ってください。」
ご親切に名護まで連れて行ってくださった。
色んなお話をしてくださって、1人旅にとっては
楽しい時間を過ごさせていただいた。
親切な方がいるんですよね〜〜沖縄は。

今年初めてみた桜。
お祭りだったが、みんなは桜をめでるというより
出店などお祭りの雰囲気を楽しんでいたみたいだ。
0128nag.JPG

オリオンビールの工場に見学。車に乗せてもらった方に
教えてもらったのだ。出来たての生ビールを2杯無料でいただく
ことができた。朝から美味しくいただいた。
ほんと、出来たてって美味しいんですよ。

昼食は名護公設市場内にある【さくら食堂】安くておいしかった。

名護市役所って、独創的な建物なんだね。
nagoCITYHALL.JPG

名護市役所前から那覇バスターミナルへバスで戻る。
車に乗せてもらったのもあり、予定より早く那覇に戻れた。
美栄橋近くにある【美ら旅】
ホテルっていうより、個室ドミトリーかな。
小さな部屋だったけれど、清潔だ。
オーナーが、食事処を色々教えてくれる。

夕方、国際通りなどをのぞいて、教えてもらっていたスナックへ
出向く。牧志の交番から横道にはいったディープな場所にある。
6時だというのに人で一杯。宿のオーナーがいて
「あ、来た来た〜」常連さんたちと話す。
年配の方が多かったが、みんな親切。
お菓子を持ち込んでいる人もいる。ここは
お酒と一品煮物のようなものが出て
あとは、食べ物は持ち込んでもいいようだ。
その鷹揚さ、いいよね。
オーナーが帰ったあと、お店のヘルプにはいっていた
お姐さんが、「民謡すき?」
民謡酒場にタクシーで移動。

【民謡居酒屋 むんじゅるー】
IMG_3951.JPG
歌ったり踊ったり。気付けば午前零時になっていた。

すっかり沖縄の人たちのお世話になった一日だった。
ありがとうございました。

posted by Ladybird at 00:04| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

沖縄本島 2日目 水納島

朝早く宿を出て、バス停【山川】から【谷茶】で下りる。
そこから歩いて、渡久地港へ行く。
少し待ってから、船で水納島へ渡る。

ここでも、島に渡る観光客は3人。ご夫婦の2人は日帰りの様子。
【民宿大城】に宿泊。早い時間でも部屋に案内してもらって
着替えて海へ行く。お日様が照って半袖で歩くことは
できたが、気温16度くらいで風が強く、
さすが足を海に浸けるぐらいしかできなかったのが残念。
砂浜ではなく、珊瑚浜。波が行ったり来たりすると
波の音と珊瑚が動くシャラシャラという音が聞こえる。
minnna.JPG

部屋の窓を開けていたら、まちがって鳥が侵入。
なかなか出れずピーピーないていると、外に何ぴきかの
仲間がやってきて、心配そうに鳴く。
まるでわたしが悪いことして、せめられてるみたいだった。
なんとか、外にでられて、よかったよかった。
bird.JPG

初めてみたバナナの花
bananaflo.JPG
白いブーゲンビリア
whiteflo.JPG

小さな島だけれど、野菜がたくさん作られている。
夏場は凄い人だそうだが、シーズンオフで
宿には1人切りだった。たぶん、島に観光客はわたし1人だった。
夕日も独り占めだった。夕日を見終わって振り返ったら満月が空にあった。
不思議な感覚で地球にいるんだって思った。
NEC_0082.JPG

posted by Ladybird at 23:26| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄本島 1日目 美ら海水族館

NEC1月25日から関西国際空港からJETSTARにて那覇空港へ。
格安チケットで関空ー那覇が6730円。

那覇空港から高速バスで名護バスターミナルへ。(111番)
名護バスターミナルで路線バスに乗り換えて美ら海水族館前まで
約3時間半。
バスにはオフシーズンだからk、旅行客は誰もいない。
乗客もおばあちゃんたちがチラホラ。
ゆっくり車窓を眺めながら進む。

IMG_3849.JPGhamakame.JPG

時間が遅かったのでいるかショーは見れなかったが、お掃除中。
おとなしく槽の底でまついるかくんたち。
dolphins.JPG
ジュゴンは人なつっこくて、水槽の前に立つとよってくる。
かわいいね。IMG_3847.JPG

1泊目は美ら海水族館からタクシーで5分の民宿山川荘
歩いてもいけるのだが、高台にあるし、疲れていたので
美ら海水族館前からタクシーにのった。
yamakawa.JPG

夕食はタクシーの運転手さんに連れていったもらった
渡久地港近くの【海鮮亭】へ。

早い時間だったので、ゆっくり食事をする。
地元の魚のから揚げやもずくの天ぷらをいただく。
安くて美味しい料理だった。
1人だったので奥さんがお話の相手になってくださって、
合間にオーナーさんが得意の切り絵を作ってくださった。
すごい早業で上手でびっくり。
「混雑の時は作れないけれど、」ということでした。
NEC_0052.JPG
posted by Ladybird at 22:59| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

札幌でのグルメ

札幌の友人とランチ
日本生命ビル1階にある【をとわ】予約しておいて
くれたので、入店できたが、すぐ満員になる
人気店だそうだ。ディナーはなかなかの
お値段になるそうだが、ランチはリーズナブル。
IMG_3370.JPG

夜はライブ。
IMG_3374.JPGIMG_3375.JPG

その夜のあとは、1人で鮨。宣伝をしていないお店だそうで
ここでも内緒。お酒のつまみに出してくれた
【みがきにしん】みそをつけて少しずつ食べるのだが、
日本酒がすすむこと!初白子などのつまみも絶品。
IMG_3378.JPGIMG_3377.JPG

もちろん、握りも1貫ずつ、好みのものを握ってくれるし
居心地もよく大満足。ちょっとだけヒント。
南4条西6あたりの老舗の鮨屋だ。
お値段もそんなに高くない。コースでも食べられるが、
板さんと話しながらお好みのすしをいただくのが
1人寿司のよさかなぁ。

次の日のランチは二条市場で海鮮丼
IMG_3384.JPG

夜は札幌千歳空港のノーザンホースパークのレストランで
いただいたハンバーグ。今まで食べたハンバーグの中で一番美味しかった!
野菜類も、素晴らしく美味しかった。
IMG_3386.JPGIMG_3389.JPG

残念なことに、千歳空港からは撤退するとのこと。
空港から、【ノーザンホースパーク】まで
シャトルバスが出ているとのこと。
旅から帰ってきて、この場所のことを話すと
行った人がいて、とてもよかったとのこと。
絶対、今度行こうと思う。
http://www.northern-horsepark.co.jp/home.php

で、おみやげ類。八剣山ワイナリーで買った
スパークリングワインやシールド。
プラムと生プルーン。果実園の販売所で買ったので
新鮮で一週間たっても美味しくいただけた。
IMG_3390.JPG

海鮮類や菓子類は配送してもらった。
どうしても北海道にいくと買いたい
おみやげが増えるのよね。
posted by Ladybird at 13:13| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

札幌八剣山ワイナリー

八剣山ワイナリー
http://www.hakkenzanwinery.com/

最近できたワイナリー。旅行社【北海道宝島トラベル】のツアー参加。
http://www.hokkaido-sightseeing.com/
寸前にキャンセルがあって1人になったが、催行してくれた。
タクシー貸切。なんと太っ腹な旅行社なんだ!!
当然、見学も1人でゆっくり案内してもらった。
ぶどうを育てても、土壌にあわなかったり天候の具合で
なかなかうまくいかず、苦労しているとのこと。
でも、少しずつできたものを製品にできるようになって
嬉しいそうだ。ブドウやワインに対する愛情を感じた。

とても素敵なデザインのワイナリー
IMG_3324.JPGIMG_3334.JPG

ぶどう畑
IMG_3332.JPG

初めてみるワイン醸造所
IMG_3338.JPG


ワイン試飲。ここのワインはほとんど辛口。なかなか地ワインで
辛口は少ない。お料理にはとても合いそうだ。
IMG_3344.JPG

案内していただいた方。たっぷりお話がきけてよかったです。
IMG_3346.JPG

posted by Ladybird at 12:47| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

9月オータムフェストの札幌

札幌大通公園で開催のSAPPORO Autum Fest 2012
北海道のグルメがずらり。

IMG_3361.JPGIMG_3364.JPG

◆ホエー豚チャーシュー麺こがし醤油・・・汁は黒いが、塩辛くなりあっさりしている。
豚も鹿児島の黒豚に負けない甘さがある。
IMG_3365.JPG


◆焼き海老とほたてサッポロプレミアム生ビール
IMG_3351.JPG

◆蒸しかきと野菜のピクルスと白ワイン
IMG_3357.JPG

少し割高な感じがあるが、好きなものを少しずつ食べることができるし
外で食事をするのって、どこか心地良い。


posted by Ladybird at 14:10| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。