2012年08月10日

西表島

今回お世話になったのは、西表島モンスーン。
http://www.iriomote-monsoon.com/

石垣の旅友のおすすめの宿。ツアーもしているので
西表島を楽しむにはいいだろうとすすめてもらった。

高台にあり、景色がすこぶるいい。風を受けてハンモックに揺られて
居眠りをするのは本当に心地良い。
鳩間島で遊びすぎたので、宿についた日はゆっくり過ごした。

monsoon01.JPGIMG_2903.JPG

食事も丁寧につくられていて美味しい。
IMG_2909.JPG


翌朝、午前3時には目をさまし準備。
去年、見ることができなかった『サガリバナ』を見に行くのだ。
宿のスタッフ2人とわたしを含めて5人のツアー客。
暗い道を車でひた走る。助手席のスタッフ宮崎さんが叫ぶ。
「あ、ヤマネコ!」沿道にイリオモテヤマネコがいたらしい。
一瞬のことなので見れなくて残念。
走ること、30分強。暗闇の中、初心者なので
オールのかきかたなどを教えてもらい、注意事項を
聞く。初めてで、川をちゃんと上れるのか。

橋の下までカヌーを男性たちが担いでおりて川面に降ろす。
2人乗りのカヌーの前にのる。後ろは福島から来た男性。
5年ぶりのカヌーだそうだ。ほとんど初心者の二人。
初めてあったところだし、えっちらおっちら、なんとか
スタッフについて行く。水面がオールでかく度にキラキラ光る。
「夜行虫ですよ〜。」綺麗!!嬉しくなってバシャバシャ。
空には満点の星。上も下もキラキラで見とれてしまう。
そんなことをしていて、岸につっこみそうになる。

上流へ上がっていくとなんだか、とても甘い香りがしてきた。
まだ夜明け前で暗いので何も見えないが、サガリバナが
咲いていて、その香りだそうだ。
サガリバナの花は暗い内に虫が受粉をする。
その受粉が終えて、朝日とともに、その花は落ちるのだ。

IMG_2917.JPGIMG_2924.JPG

カヌーに花が落ちた。
IMG_2926.JPG

岸に咲くサガリバナ
IMG_2937.JPGIMG_2953.JPG

そして、帰る時には朝日。
IMG_2957.JPGIMG_2965.JPG

早朝で大変だったけれど、色々と楽しめて大満足。
去年のリベンジ成功!!

宿に戻ったのが午前8時。
そして、9時からは、一日シュノーケリングツアーへ。

今回午前中は、オーナーの亀井さんが連れていってくれた。
まず最初に海ガメが見えるポイントに行ったのだが、先に
来ていたツアーが海ガメを追ったので、いなくなってしまった。
追いかけたりせず、少し離れてみるのがルールなのだという。

そこから、バラス島へ。サンゴの死がいだけでできた島なのだ。
透明度が凄くてサンゴが生き生きしている。
ただ、引き潮だったのか、海の流れが凄くて思うように泳げない。
海のチカラは偉大だ。
IMG_2982.JPGIMG_2983.JPG
朝から強行軍で途中疲れてもくる。
お茶や黒砂糖、パイナップルを食べることができ
そういう心遣いが嬉しかった。

一度西表島の上原港に戻り、朝のスタッフの宮崎さんと交代。
IMG_2989.JPG
とてもフレンドリーだが、ちゃんと接客を心得ていい距離感で
接してくれる。指示もとても的確だ。

鳩間島で、おにぎりのお弁当を食べる。
休憩のち海に出る。とてもサンゴも綺麗で、魚も豊富。
グルクンの大群にも出会う。
そして、最初に行った海ガメのポイントへもう一度。
あ〜〜〜いるいる。3匹も!浮かんでじっと見る。
優雅に泳いで、なんども息つぎをするために
水面から顔を出している。可愛い。
もう、大喜び。ツアー客の中には、泳げない人もいたが、
浮き具を身につけているので楽しむことができていた。
夕方4時過ぎに帰着。
さすが、夜はクタクタで8時半には眠ってしまった。

宿の入り口でオーナーの亀井さん。
IMG_3005.JPG
とても豪快だけど繊細なところもお持ちの方だった。

また行きたい宿が増えた。
西表島は、まだまだ知らないところがいっぱい。
今度は川遊びに行きたいな。

posted by Ladybird at 09:43| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。