2012年08月10日

西表島

今回お世話になったのは、西表島モンスーン。
http://www.iriomote-monsoon.com/

石垣の旅友のおすすめの宿。ツアーもしているので
西表島を楽しむにはいいだろうとすすめてもらった。

高台にあり、景色がすこぶるいい。風を受けてハンモックに揺られて
居眠りをするのは本当に心地良い。
鳩間島で遊びすぎたので、宿についた日はゆっくり過ごした。

monsoon01.JPGIMG_2903.JPG

食事も丁寧につくられていて美味しい。
IMG_2909.JPG


翌朝、午前3時には目をさまし準備。
去年、見ることができなかった『サガリバナ』を見に行くのだ。
宿のスタッフ2人とわたしを含めて5人のツアー客。
暗い道を車でひた走る。助手席のスタッフ宮崎さんが叫ぶ。
「あ、ヤマネコ!」沿道にイリオモテヤマネコがいたらしい。
一瞬のことなので見れなくて残念。
走ること、30分強。暗闇の中、初心者なので
オールのかきかたなどを教えてもらい、注意事項を
聞く。初めてで、川をちゃんと上れるのか。

橋の下までカヌーを男性たちが担いでおりて川面に降ろす。
2人乗りのカヌーの前にのる。後ろは福島から来た男性。
5年ぶりのカヌーだそうだ。ほとんど初心者の二人。
初めてあったところだし、えっちらおっちら、なんとか
スタッフについて行く。水面がオールでかく度にキラキラ光る。
「夜行虫ですよ〜。」綺麗!!嬉しくなってバシャバシャ。
空には満点の星。上も下もキラキラで見とれてしまう。
そんなことをしていて、岸につっこみそうになる。

上流へ上がっていくとなんだか、とても甘い香りがしてきた。
まだ夜明け前で暗いので何も見えないが、サガリバナが
咲いていて、その香りだそうだ。
サガリバナの花は暗い内に虫が受粉をする。
その受粉が終えて、朝日とともに、その花は落ちるのだ。

IMG_2917.JPGIMG_2924.JPG

カヌーに花が落ちた。
IMG_2926.JPG

岸に咲くサガリバナ
IMG_2937.JPGIMG_2953.JPG

そして、帰る時には朝日。
IMG_2957.JPGIMG_2965.JPG

早朝で大変だったけれど、色々と楽しめて大満足。
去年のリベンジ成功!!

宿に戻ったのが午前8時。
そして、9時からは、一日シュノーケリングツアーへ。

今回午前中は、オーナーの亀井さんが連れていってくれた。
まず最初に海ガメが見えるポイントに行ったのだが、先に
来ていたツアーが海ガメを追ったので、いなくなってしまった。
追いかけたりせず、少し離れてみるのがルールなのだという。

そこから、バラス島へ。サンゴの死がいだけでできた島なのだ。
透明度が凄くてサンゴが生き生きしている。
ただ、引き潮だったのか、海の流れが凄くて思うように泳げない。
海のチカラは偉大だ。
IMG_2982.JPGIMG_2983.JPG
朝から強行軍で途中疲れてもくる。
お茶や黒砂糖、パイナップルを食べることができ
そういう心遣いが嬉しかった。

一度西表島の上原港に戻り、朝のスタッフの宮崎さんと交代。
IMG_2989.JPG
とてもフレンドリーだが、ちゃんと接客を心得ていい距離感で
接してくれる。指示もとても的確だ。

鳩間島で、おにぎりのお弁当を食べる。
休憩のち海に出る。とてもサンゴも綺麗で、魚も豊富。
グルクンの大群にも出会う。
そして、最初に行った海ガメのポイントへもう一度。
あ〜〜〜いるいる。3匹も!浮かんでじっと見る。
優雅に泳いで、なんども息つぎをするために
水面から顔を出している。可愛い。
もう、大喜び。ツアー客の中には、泳げない人もいたが、
浮き具を身につけているので楽しむことができていた。
夕方4時過ぎに帰着。
さすが、夜はクタクタで8時半には眠ってしまった。

宿の入り口でオーナーの亀井さん。
IMG_3005.JPG
とても豪快だけど繊細なところもお持ちの方だった。

また行きたい宿が増えた。
西表島は、まだまだ知らないところがいっぱい。
今度は川遊びに行きたいな。

posted by Ladybird at 09:43| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

鳩間島

3日間お世話になったのは素泊まりの『くしけぇー家』
古民家も泊まれるが、わたしが泊まったのは手作りの小さな小屋。
おしゃれではないが、ロビンソンクルーソーになった気分。
蚊帳をつってくれたので、虫には悩まされることはなかった。

IMG_2898.JPGIMG_2769.JPG
IMG_2879.JPGIMG_2877.JPG


『Tarky's Bar』八重山そば
昼食を食べれず午後4時ごろ、おなかペコペコでようやく見つけたお店。
店じまいの片付けをしていたのに、「おなかがすいて・・。」と言うと
快く「おそばなら作りますよ。」と優しく作ってくれた店主のTarkeyさん。
温かいお汁が心とお腹にしみた。
ハワイアンが流れて、ちょっと不思議な感じがした。
後にゆんたくでご一緒したが、那覇でずっとピアニストをされていたとか。
ハワイアン、納得。
IMG_2780.JPGIMG_2781.JPG


『くしけぇー家』は素泊まりの宿だ。夕食はどうしようかと思っていたら、
宿にあった野菜やいただきもののグルクンを自分たちで料理して
いただくことになった。グルクンは2度揚げしたのだが、
頭から食べられて美味しかった。
ビールは、お料理をしない男性軍がどっさりと買ってくれていた。
IMG_2786.JPGIMG_2787.JPG

夜遅くに、宿主のみつるさんに連れられてやしがにを捕まえにいく。
つかむのに、とても力がいる。はさまれたら大変なことになるので必死。
捕まえたが触ってしまったのでなんとなく愛着がわき、リリース。
IMG_2798.JPG



鳩間島は瑠璃の島と呼ばれるだけあり、海は瑠璃色でとても美しい。
小さな浜が点在している。浜には人も少なく、のんびりできる。
IMG_2775.JPGIMG_2777.JPGIMG_2892.JPG



2日目のゆんたく
石垣島に行っていた同宿の人が餃子の材料を買ってきてくれて、みんなで作る。
本日は外のゆんたくテラス。人数が多いこともあり、1人500円徴収。材料を買ってきて
くれた人に分配する模様。お酒も飲み放題。
Tarkyさんがキーボードを弾いてくれる。同宿の男性は持ってきていた三線を披露。
素敵なゆんたくの時間が過ぎる。
IMG_2837.JPGIMG_2839.JPG

やしがに。かにより、身が硬くて、歯ごたえはシカシカする感じ。
IMG_2838.JPG



昼食には『ゆみさんち』のチキンカレー
IMG_2847.JPGIMG_2848.JPG

夕方には生ビールを飲みに行ったりもした。マンゴーフラッペも美味しい。
IMG_2995.JPG



3日目のゆんたく料理
突堤で、みんなが釣った魚。男性諸君が下ごしらえをしてくれたので
2度から揚げする。今回も500円徴収。他にも若い男性が野菜をつかった
炒め物を2種つくってくれた。
IMG_2859.JPGIMG_2860.JPGIMG_2865.JPG

冬瓜があったので煮物にする。
IMG_2868.JPGIMG_2869.JPG

鳩間島は食事をするところが少ないので、外食はなかなか難しい。
『ゆみさんち』で予約はできるようだ。
今回は同宿のメンバーもよく動く人もいて、持ち込みや差し入れ食材もあり、
食べることには困らなかった。店舗も小さな商店(もっと小さい)しかないので
食材を島内で買うことはあまり期待しないほうがいい。
鳩間島の素泊まり宿に行くときは、自分で作るという意識で行ったほうがいい。
それがいやなら、食事つきの民宿へ行くほうがいいかな。
みんなでワイワイ作ったのは、なかなか楽しかったので、わたし的には正解だった。
posted by Ladybird at 00:50| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

世界遺産相倉合掌造り集落

富山から砺波ICを通って五箇山へ。

集落から見える山々
IMG_2474.JPG
久しぶりみたつくし。
IMG_2467.JPG

白川郷に比べるとこじんまりした合掌造りの家

IMG_2469.JPGIMG_2477.JPG

水芭蕉
IMG_2479.JPG

一つの枝に3色の花が!不思議です。
IMG_2485.JPG





posted by Ladybird at 13:49| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生初の新潟市

大阪空港から新潟空港へ。
新潟近くになると5月だというのに山々にまだ雪が。IMG_2368.JPG

初めての新潟市
駅前のチューリップの壁。ところどころにチューリップの花が
植えられていて、目を楽しませてくれた。
IMG_2375.JPG

新潟空港から市内までバス。約25分で400円。なかなかの格安感。
駅前の観光協会に行き、地図をもらい、どこか見どころか
尋ねる。レンタサイクルを借りる場所も教えてもらう。

一番最初に自転車で行ったのは新潟漁業組合地方卸市場の食堂。
観光協会で「安くておいしいですよ。」と教えてくれたのだ。
500円から海鮮丼をいただける。でも奮発して1000円の一番上等な海鮮丼を
いただくことにした。美味しくないはずがない。
生きててよかった〜。なんて大げさに思いながら食べる。
味噌汁は甘エビの頭が3つもはいっていた。
なんとも濃厚な味の味噌汁だった。
IMG_2381.JPGIMG_2382.JPG

お隣の販売所で大きなほっけやあじの干しものを実家に送る。
かなり美味だったようでとても喜んでくれた。
もっと他にも送りたかったが、旅初日でもあり、ぐっと我慢。
でも、今思うともっと送っておけばよかった。

すぐそばの『朱鷺メッセ』へ行く。
なんて大きな建物なんだろう。展望台へ行き。市内をながめる。
対岸にある新潟市歴史博物館の建物に惹かれたが、
自転車で行くにはちょっときついかなぁとあきらめる。
ロシアっぽい建物だった。

市内を走って新潟県政記念館へ。
こういう建物はちゃんと保存しておいてほしいな。
IMG_2401.JPGIMG_2403.JPG

隣の白山公園には綺麗な花がいっぱい。新緑に映えてきれい。
IMG_2411.JPG

新潟市内はとても自転車が多い。レンタサイクルも途中でサイクルステーションで
乗り捨てできるシステムだ。3時間借りて100円!!
普通に市民の方も借りているようだった。
posted by Ladybird at 13:02| Comment(0) | 旅日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月03日

キッチン改装完了 After

オーダーしていたカウンターが届く。
新品の食器棚とのバランスもよかった。換気扇はトラブルで完了していない状態。
IMG_2264.JPG

食器などを収納。
IMG_2285.JPG
IMG_2286.JPG

ようやく完成。
IMG_2268.JPG

イケメン担当者くんは
株式会社おがわのスタッフ
若いけれどトラブルがあっても、沈着に処理して
職人さんたちといい関係で仕事している様子。
『リフォームプロ』で何社か紹介してもらい、その中の2社から
見積もりをとった。見積もりが少し遅かったが、
造作家具のデザインが気にいって『株式会社おがわ』さんに依頼した。

キッチンのリフォームは、ガス、水道の点検があったとき
「もう、そろそろ変えないと危ないですよ。」と
言われたのがきっかけだった。

システムキッチンはサンウェーブの『リシェル』

見積もりを依頼する前にリクシル、クリナップ、ナショナルの
3か所のショールームを見て回った。
ヤマハは最近リフォームした友人のキッチンを見せてもらった。
その中で一番収納が充実していると思った『リシェル』に決めた。

実際に収納してみると、以前のものに比べると小物がはいるし
もちろん取り出しやすい。
ただ、幅の大きな鍋もはいるが、高さのある2重鍋は入らなかった。
それはカウンターのほうに収納。

整理してみると、いかにいらないものを持っていたか
よくわかった。どれだけ捨てただろう?
きれいになって、かなりスッキリした状態だ。
ダイニングセットのレイアウトもかえた。
部屋も明るくなって、とても広くみえるようになった。










タグ:リフォーム
posted by Ladybird at 13:43| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月27日

キッチン改装2日目

いよいよ、システムキッチンが届く。
一番最初には換気扇を具えつける。
そこで発覚。右仕様の換気扇のはずが
左仕様のものが届いていた。
大慌てで、担当の人が電話をする。
明らかにメーカーが発送する最後の段階での
間違いだった。土日ということもあり、
連絡は月曜日になるという。
こんなこともあるんだ・・。

一応、その換気扇を仮につけて
大工さん1人で組み立てていく。
あんな重いもの1人でもつなんて凄い。

で、2日目が終わった段階がこれ。
IMG_2261.JPG

午後には購入した食器棚が到着。
背の低いもの高さ175センチをネットで頼んだ。
初め心配だったが板見本を送ってくれたりしたので、
少し安心して購入。

IMG_2262.JPG


大川家具ドットコムコーディネート家具研究所



色は欲しかったナラ材に比べると、全体になると
少し白っぽかったが、新しいこともあるし
他の家具とバランスも悪くなかった。
とても丁寧に作られていて満足だった。
日本製で、ホルムアルデヒの心配もない。
食器を入れるものなのだから、安全なものに
こしたことはない。
値段は63000円で、お安いと思う。

posted by Ladybird at 17:20| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

キッチンリフォーム 進行中

古いキッチンがあっという間に取り外された。
音が凄い。ほこりなどは幕を張って丁寧に対策して
くれたので、そう気にならない。
IMG_2258.JPG

その間に、電気工事、ガス工事、ちょっと予想外のトラブルで
水道屋さんまで登場。それぞれが入り乱れて工事。
コラボレーションである。
そして再び、形が作られていく。
IMG_2259.JPG

明日には、新しいキッチンがはいる。
posted by Ladybird at 20:41| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キッチン改装 Before

日常のキッチンとその裏
IMG_2253.JPGIMG_2251.JPG

リフォームに備えて、すべてのものを搬出
IMG_2256.JPGIMG_2257.JPG

その中に入っていたものは2部屋に渡って置く
IMG_2255.JPGIMG_2254.JPG

まだ食品庫は別の部屋に置いてあるんだけれど、すごい量だ。
毎日使っているものは、この中の10分の1もあるだろうか。
物がありすぎだなぁ。自分で買ったものもあるが
頂きもの(昔の結婚の引き出物に食器が多かった)
キッチンリフォームのこの際、もっとシンプルにしたいと
思うのだが、物を捨てるのももったいない。
どうしたものだろうか。
新品でなければ、被災した方とかにも
もらっていただけないしね。

さて、今日からリフォームだ。
posted by Ladybird at 11:01| Comment(0) | 日常生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

冬の富士山

この航路と高度で富士山を見るのは
久しぶりだ。それも雪の富士山だ。
やはり美しい。

IMG_2195.JPGIMG_2198.JPG
posted by Ladybird at 18:28| Comment(0) | ふとした風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

水谷修氏講演会

夜回り先生として有名は水谷修氏の講演会があった。

『子どもを守り育てるために』−今 私たちにできることー

水谷先生にお会いするのは2回目。
本の発売記念のサイン会でお会いしたのが初めてだった。
その時、先生は少し疲れてらしたようだった。

今日、現れた先生は背筋がすっとのびて、とても綺麗な
歩みで壇上に進んでいらした。
あんな凛々しい歩き方をしている人を久しぶりに見た。
お元気そうで、ほっとした。

滑舌もよく声もとおる。哀しい切ない内容もあるが、
色んな手法を使いながら正確に、そして笑いも交えて
人を惹きつけて途切れることなく話される。
内容も感銘を受けるが、あの話法にも感動した。

内容は先生の著書を読んでいただければ
わかるけれど、心に残った言葉を書いて見る。

『人は人を幸せにするために生まれてきた』

『人のために何かしよう』

『両親の喧嘩、大人の悪態、陰口が
いじめ・不登校・うつ病・薬物問題・非行の原因』

『社会全体のイライラ、攻撃性が子供たちに向かっている』

『命は多くの今までの命を紡いできてあるもの』

『認められる、評価されることは生きる力となる』

『一日30個 美しい優しい言葉を口にしよう』

『1人1人の積み重ねが大きな結果になる』


沢山の心に響く言葉、話しがたくさんあった。
あっという間の1時間半だった。

1人の大人として、どうやって子供たちと接して
いくべきか、そして今後の仕事の指針・目標が
クリアになった。


自分の子供たちだけでなく、すべての子供たちを
健全に笑顔で過ごせる社会を作ることが、
大人の一番の義務だと改めて思った。
posted by Ladybird at 17:46| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。